トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
JAPAN(里見宗次、昭和12年)
2008-12-27 Sat 21:45
(※著作権存続のため画像はなしです。。。)

JAPAN(鉄道省・里見宗次、昭和12年、99.5×63.8㎝)
流れ去る一筋のレールと次々と現れては遠ざかっていく電柱など、スピード感にあふれた表現。一方、遠景の海は静かに描かれている。なだらかな山と段々畑、茅葺き屋根の民家と桜、日本の何処にでも見られるような風景である。民家に掲げられた国旗が印象的。列車の最後尾展望車のデッキからの視点で描かれたものと思われる。

作者の里見宗次氏(1904~1996年)は大阪市出身、長年フランスに在住し多くの傑出したポスターを制作、日仏間の文化交流にも多大な貢献を果した、日本を代表するポスター作家の1人である。このポスターは、外国からの観光客誘致に力を入れていた鉄道省の依頼により制作されたもの。

なお、この作品は1937年(昭和12年)パリで開催された万国博覧会の広告館に他の日本のポスターと共に出展され、名誉賞と金杯を受賞した。
鉄道観光ポスター | コメント:0
<<認清戦争方酣 努力勤労運輸 (作者不詳、昭和17~20年頃) | 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection | 東亜大陸旅行事情展(作者不詳、昭和9~12年頃)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| TOP PAGE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。