トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
座席は旅客に荷物は棚へ(長原孝太郎作、大正9年末頃)
2008-11-30 Sun 12:04
座席は旅客に荷物は棚へ
座席は旅客に荷物は棚へ


座席は旅客に荷物は棚へ(鉄道省・長原孝太郎[号は止水=しすい]作 大正9年末頃 77.5×53.3㎝ 凸版印刷[株])

座席を荷物が占領し大人は知らん顔をしている様子は、現代のマナーポスターも似ている。我が国初の鉄道マナーポスターと思われるこの作品について、「鉄道省嘱託の長原止水画伯が車内公徳心涵養の宣伝用として制作したもの」との紹介記事とポスター写真が、当時の業界誌に掲載されていた(大正10年2月「運輸公論」第5巻第3号運輸公論社発行)。

長原孝太郎(1864年生れ~1930年死去)は、岐阜県出身で東京美術学校西洋画科教授を勤めた人。(なお、そのサインから、手元にあった作者不詳の鉄道省ポスター4点も、同氏の作によるものであることが判明した。)

~~~~
※たまらず管理人コメント:業界誌まで捜索する執念!! そして謎のポスターも作者判明してよかったよかった。まさに鉄道ポスター探偵ですな…。
鉄道観光ポスター | コメント:0
<<出羽三山への近道(金子常光作、昭和2年頃) | 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection | 一等車と美人(作者不詳、大正初期)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| TOP PAGE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。