トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
「越境する日本人 工芸家が夢みたアジア」に行ってきた。
2012-06-22 Fri 09:49
ekkyou201206-001
工芸館って可哀相なくらい外れにあるので、ウォーキングのつもりでお出かけくださいw

ekkyou201206-002
空充秋氏の「遷移」1982年

===
管理人です。(生きてますよ)

中村コレクションが3点出品されている標題の展示会に行ってきました。
場所は東京国立近代美術館工芸館。

全体的に地味な展覧会のなか、最後にどどん!と大きなポスター類。
中村コレクションのものは以前写真を撮ったり間近で見た機会があったので「お~、よしよし、今回は立派な額縁に入れてもらったのね~」と親類の子供を愛でるような気分だったのですが。
驚いたのは本館蔵の杉浦非水。満鉄の天女像みたいなあの有名な絵です。

平日午後のためか客も居ないし、保護のアクリル板に鼻スレスレまで近づいて観察してしまった。
いや~。あれもどこかで発見して落札したいですね、中村さん!(メチャ高そうだけど)
管理人より | コメント:0
<<南薩鉄道株式会社(大正五年) | 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection | 7/16まで、東京国立近代美術館工芸館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| TOP PAGE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。