トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
唐津名所歴史と伝説(吉田初三郎、1925年・大正14~1929年・昭和4?)
2009-05-06 Wed 00:12
唐津名所歴史と伝説
唐津名所歴史と伝説

呼子港部分
呼子港部分

秀吉部分
秀吉部分

唐津名所歴史と伝説_印章部分
印章部分


管理人コメント:
九州第一の遊覧地 からつ
北九州鉄道株式会社

と中央下にキャッチコピーがあり、路線図の赤太字が博多~東唐津となっている。
このあたりから年代確定できそう。ちょっと調べてみよう・・・。

左下に「からつ見ぬ人日本の景色を知らぬ人」と、大層なコピーもあります(笑)。

~~~~
追記:

東唐津駅ができたのが1925年(大正14)、そこから延伸したのが4年後。
とすると、おそらくこの間に作成されたポスターではないか。
ただし、延伸された東唐津以降の駅を単に省略して、東松浦半島への船便での観光を強調しただけのことであるならば、期間としては1937年(昭和12年)10月1日、国有化されて国鉄筑肥線になるまで可能性は残る。

■1925年(大正14年)6月15日 - 新柳町(国有化時筑前高宮駅に改称、1983年廃止) - 姪浜・虹ノ松原 - 東唐津間開業、福岡 - 唐津市内間が結ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E9%89%84%E9%81%93

■1929年(昭和4年)4月1日 【延伸開業】東唐津 - 山本(東唐津駅でスイッチバックして松浦川の東岸を通り、山本駅で唐津線に接続) 【駅新設】久里(初代)、山本(既設駅)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E8%82%A5%E7%B7%9A

なお、こんなものも見つけました。初三郎は結構このあたりが気に入っていたのでしょうか?
http://www.asocie.jp/map/oldmap/saga.html
鉄道観光ポスター | コメント:0
<<ニッポンビール目黒工場 | 旅の意匠 Travel Arts in Modern Japan: Shun'ichiro Nakamura Collection | つつじ咲く六甲山へケーブルで(年代不明)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
| TOP PAGE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。